2月18日(日) 大張り作業

小貼りをした和紙を縦貼りと横貼りで交互に貼りつけ、大凧・小凧・小町凧の大きさに(和紙は大凧で約1,500枚を使用)

和紙を縦と横を交互に貼りつける理由は、破れた場合に和紙の繊維方向が縦と横で異なるようにし、破損の程度を最小限にとどめるためです。

関連記事

  1. 3月10日(日) 小凧の作成

  2. 「伝統の大凧」で医療従事者やエッセンシャルワーカー等を応援

  3. 春日部市「庄和大凧文化保存会」上若組のウェブサイト開設

  4. 江戸川小中学校児童・生徒の協力による応援寄書凧を制作

  5. 3月3日(日) 文字書き

  6. 2020年春日部大凧あげ祭りのお知らせ